FC2ブログ

1/72 ハセガワ F-2A 製作 No.3

GWは車もバイクも調子悪くてどこにも行けないので緊急事態宣言中ということもあり、引きこもってプラモ製作してました。

前回から機体の上面、下面を接着して、シャロウオーシャンブルーで全体塗装。
その後にそれぞれの塗装に合わせてマスキング。
6SQの方は主翼と後部はディープオーシャンブルーで洋上迷彩のパターンの塗装が必要です。

どちらもキャノピー部のデカールが無いので、周辺部と色を合わせつつ塗装が必要です。
3SQはディープオーシャンブルーでキャノピー周辺を塗装。6SQの方は黒で塗装しました。

DSC_4094.jpg

で、塗装したのがこんな感じです。

DSC_4102.jpg

後部の焼鉄色とシルバーも塗装。

DSC_4103.jpg

エアインテーク部が残っていますが、次はデカール貼りに進みます。

スポンサーサイト



1/72 ハセガワ F-2A 製作 No.2

続きです。2機ずつ進めてます~

尻もち防止に機首部に5gの錘を入れる指示があるので、ガン玉を適当に瞬着で固定。

DSC_4078.jpg

A型のキャノピーはやはり機体と段差が発生するので、オカメインコさんのHPを参考に袴の部分に0.2だか0.3mmをプラ板を張り付けてから段差処理してみました。

DSC_4072.jpg

こんな感じ、まだちょっと段差あるかなぁ~サフ吹いてから調整しましょう。3分割のキャノピーの真ん中のパーツには中央にパーディングラインがあるのでヤスリとコンパウンドで消しておきました。

DSC_4074.jpg

コックピットはキットのダボ穴に嵌めると写真のように背中部分に隙間が開くので、丁度ダボ穴の外壁に突き当てるように後ろにずらして接着しました。

DSC_4075.jpgDSC_4076.jpg


1/72 ハセガワ F-2A 製作 No.1

F-16作ってる最中ですが、同型機でもあるF-2の積みもデカールが劣化する前に進めて行こうかと・・・

で、進めて行くのは
デジタル明細のF-2A 3SQ 60th記念機と
鳥の模様が派手派手なF-2A 6SQ 60th記念機

これと

DSC_4066.jpg

これね

DSC_4067.jpg

3SQの方は薄いブルーの塗装後はデカールのみで行けそうな雰囲気ですねぇ。
そして6SQの方はデカールの面積広いけど、主翼の部分は元の基本塗装が覗いているので2色の迷彩塗装が必要そうですねぇ。

2機作ると洋上迷彩セットの塗料足りるかなぁすでにF-2Bとファントム塗ってるから、薄いブルーの方が心配。レドームカラーはたっぷり余ってるけど・・・

で、写真は1機分ですが、機体上面の前後の接着と裏面の突起部削除、インテーク部の接着などを一度F-2B作ってるのでサクサクと2機分完了してます。

DSC_4068.jpg

オカメインコさんのHP‏見ると単座のA型はキャノピーと機体の段差が結構ありそうだからそこの処理がどうなるかですねーサクサク進めばサンダーバーズより先に完成したりして・・・

アカデミー 1/72 F-16C サンダーバーズ 2009/2010 製作No.1

積みを勝手に移動された際にこんなキットが出てきた。
単品で買った記憶はないから、某オクでまとめ買いしたときに入っていたんでしょうねぇ。

DSC_3883.jpg

サンダーバーズはいつか作りたいと思い、ハセガワの古いキットもあるのですが、こちらはデカールがやばそうなので手をつけていませんでした。
因みに整理されたのはこちら。いろんなジャンルがごちゃ混ぜに・・・

DSC_3880.jpg

ということでデカールが使えるか使えないかは微妙ですが、このキットを進めて行くことにしましょう。

パーツ数はこんな感じ。ハセガワのキットよりはちょっとパーツ多いかな?
デカールは黄ばんではいませんが、果たして無事使えるのか??

DSC_3885.jpg

で、パチパチと仮組。
意外と悪くなさそうですね。

DSC_3886.jpg

キャノピーはスモークがかかってます。
バルカンの部分は別パーツですね。
機首前のAIFFのブレードアンテナ?は別パーツになっています。
ハセガワでアンテナ付いてるキット定番で出るといいのに・・・

このキット、フラップが主翼の途中でなくなってるらしい。仮組してみてみると確かにそうだ・・・(+_+)。ここは彫るなり修正が必要ですねぇ

てなわけでボチボチと進めていきま~す。

ハセガワ 1/72 F-4EJ改 8SQ製作 完成

またまた間が・・・

デカール貼りも終わり、いつも最後に残ってしまうシートに0.7mmのマスキングテープによる自作シートベルト付けました。
頭上のフェイスカーテン・イジェクションハンドルもパーツがあったのですがゲート処理時に破損・・・(+_+)。したので0.3mmステンレス線で2席とも自作しました。トムキャットやアカデミーのキットでも作ったのでここはサラッと。

DSC_4006.jpg

パイロンや2か所程あるアンテナを付けて、垂直尾翼の突起は折れてしまったので、0.3mmステンレス線に置き換え。最後に水平尾翼を付けました。

という訳で8SQ洋上迷彩ファントム完成しました~

総評
初めてのハセガワ凹版ファントムで、機体の分割も多いのでちょっと構えてましたが、予想外にパーツの合いが良くてびっくりしました。

パテ(というよりは今回は瓶サフ)を使ったところは別パーツのインテーク部とノーズと機体の接続部、前方後方にある後付けするパネル部位ですかね~

キャノピーは4分割位されていまいしたが、機体側との合いは良かったです。初めてのキャノーピー用の社外品マスキングテープの精度の良さにはびっくり!安価ですので今後は使っていこうと思います。

ライトンングアレスタもオカメインコさんのHP参考に初めて自作しましたが、もうちょっと修行が必要ですねぇ。

洋上迷彩の塗装の方は取説どうりではなく、実機の写真を検索して見つけた物に似せています。胴体の波波のパターンとか垂直尾翼のパターンとか。

そして自衛隊機のコーションマークの多さに改めてびっくりしました。

右前、左前
DSC_4015.jpgDSC_4013.jpg

横から

DSC_4016.jpgDSC_4017.jpg

斜め後ろから

DSC_4020.jpgDSC_4019.jpg

裏面

DSC_4027.jpg

もうちょっと拡大

DSC_4029.jpg

お尻のところの金属部

DSC_4030.jpg

コクピット周辺

DSC_4032.jpg

後ろ下目からあおってみたり

DSC_4036.jpg

ということで終了~

プロフィール

TakaReinhard

Author:TakaReinhard
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
Lc.ツリーカテゴリー
参加しています
amazon検索
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
リンク
FC2ブログジャンキー
あれも作りたい!

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索
RSSフィード